Webアプリケーションから起動

100‐01 サーバーサイド| 基本編

サーバーサイドの処理の起動方法には、Webアプリケーションからオンデマンドで呼び出す方法とスケジュールを設定し自動実行する2つの方法があります。
ここではForguncyで作成したWebアプリケーションからオンデマンドで処理を起動する方法を学びます。
処理が含まれないリターンコードのみを返すサーバーサイドコマンドを作成しアプリケーション上のコマンドから呼び出します。

プロジェクトファイルB100_web-application_b.fgcp
B100_web-application_a.fgcp(実装済みプロジェクトファイル)

サーバーサイドコマンドの作成

プロジェクトファイルを開き、リボンの「作成」メニューから「サーバーサイドコマンド」を選択し「サーバーサイドコマンドマネージャー」を表示します。 

「作成」ボタンをクリックしサーバーサイドコマンドを作成します。

ページからサーバーサイドコマンドを呼び出す

「01_アプリから起動」ページを開きます。
「サーバーサイドコマンドの起動」ボタンを選択し「サーバーサイドコマンドの呼び出し」コマンドを設定します。
サーバーサイドコマンドが正常に実行されたかを確認するため「リターンコードセル」にR1セルを指定します。

結果を確認

プロジェクトをデバッグ実行し動作を確認します。
「サーバーサイドコマンドの起動」ボタンをクリックします。
正常に実行されると、リターンコードセルに指定したセルに「0」が表示されます。

リターンコードで返される値

サーバーサイドコマンドが正常に完了するとリターンコードの値は「0」が返ります。リターンコードの種類は以下の通りです。

リターンコード説明
0正常に完了
401権限不足により失敗
500例外発生により失敗

処理結果に応じて任意のリターンコードを返したい場合は「リターン(コマンドの終了)」コマンドを使用します。

>ノーコードWebアプリ開発ツール「Forguncy」

ノーコードWebアプリ開発ツール「Forguncy」

Forguncy(フォーガンシー)は複数のシステムと直接接続して参照・更新が行えるデータ管理機能と、Excel感覚でレイアウトができる画面デザイン機能を備えたノーコードWeb開発&運用プラットフォームです。基幹システムでは対応できず、仕方なくExcelやAccessで管理していた業務のサブシステム化を強力に支援します。

CTR IMG